スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

ゼネラルモーターズ(GM)はどうなるか?

2008.12.02 08:10  未分類

1908年創業の20世紀の米国を代表する自動車メーカーGMが
100年後に破たんの危機を迎えています。

GMが20世紀の米国を代表する企業に成長した
大きな原動力がオートローンやクレジットを活用した割賦販売です。

この金融戦略によって自動車のような高価な耐久財を、
普通の人でも購入できるようになりました。
モータリゼーションが起こり、
世の中はより便利に、経済は活性化されました。
一方、環境問題を引き起こすことになりました。

そのGMが今、巨額の年金・退職者医療の債務を抱え
2008年現在、約6兆円を超える債務超過に陥っています。
従業員や債権者に対する債務を支払うことができず
アメリカ政府に融資を求めています。

本日は米自動車ビッグスリーが
米議会に再建計画を提出する最終期限日です。
リーマンブラザーズを潰して金融危機を招いたトラウマで
米政府は当面ビッグスリーに対して金融支援をするでしょう。

しかし金融戦略で成長した米国型資本主義の象徴GMが、
いずれ金融問題で行き詰って終焉する確率は高いと思います。

新陳代謝があるからこそ株式市場は成長するのです。
株式市場のメインプレーヤーが交代する時期が来ているのではないでしょうか。
スポンサーサイト

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

コメントを書く


※非公開コメント投稿不可

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。