スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

JALの年金給付削減から見える未来

2009.05.14 09:21  未分類

12日、JALは企業年金を実質減額する方針を明らかにしました。

JALの企業年金制度は、現在一定の利回りを
会社側が保障する確定給付型年金。
現状は年金積立金を4.5%で運用することを
前提に年金給付額が決まっています。
今回は想定利回りを1.5%程度に変更することで、
将来の支払額が減額される仕組みです。

現在は当然4.5%で運用はできていませんので、
その差額分は年金積み立て不足として
計上しなくてはならず利益を圧迫しています。

JALの場合、積み立て不足が3000億円程度あると想定されます。
一方、自己資本は2000億円を割り込んでいます。

株主資本より退職者への負債の方が多い会社の株主になりたい
と誰が思うでしょうか?

JALも今回、退職金の支払いが会社を破たん寸前にまで追い込んだ
GMの二の舞にならぬよう、企業年金の減額を決めたのでしょうが、
労働組合や退職者の反発は必至です。
どこの国でもやることは大体同じです。

どちらにしろ過去から蓄積され、そこにあると思っていたものが、
実はそうでもないことが判明する時が来るでしょう。

揉めている場合ではありません。セルフマンジメントが重要な時代です。

スポンサーサイト

| - | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。