スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

金融システムを守ること

2009.03.09 08:01  未分類

5日、欧州と英国でそれぞれ0.5%利下げが実施、
政策金利は欧州で1.5%、英国で0.5%になりました。
英国は併せて量的緩和を実施します。
日米欧の金融政策の余地は少なくなってきました。

6日、米国で2月の雇用統計が発表になりました。
雇用者数は前月比で65万人減少しました。
過去4ヵ月で200万人をはるかに超える失業者が
生まれています。

7日、英国大手銀行ロイズが実質国有化されました。
総資産約154兆円のうち36兆円が不良債権となっており
国有化を余儀なくされました。
英国・欧州の状況は米国以上に悪化しているかもしれません。

日本でも地方銀行の公的資金の注入が始まりそうです。
札幌北洋、南日本(鹿児島市)、福邦(福井市)が申請予定。

金融システムを守るために
税金を投入するのは仕方がないというのが
金融関係者の共通認識だと思いますが、
果たしてそうなのでしょうか?

個人的には疑問を感じる今日この頃です。
金融システムの新しいデザインが必要なのではないでしょうか。
スポンサーサイト

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

コメントを書く


※非公開コメント投稿不可

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。