スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

株式の未来

2009.03.05 07:51  未分類

以下時事通信の記事です

【記事】
河村建夫官房長官は4日午後の記者会見で、
オバマ米大統領が株安の進行に触れた中で
「株を買うのは(長期的には)得かもしれない」
と発言したことについて、
「素人で無責任なことは言えないが、一つ見識だと思う」
と述べ、同様の認識を示した。


この記事について皆さんはどう思いますか?

基本的には私もそう思います。

しかしそれは条件付き、
この経済危機を乗り越えて生き残る会社だけが
お得だということです。

本来は株式市場にその淘汰の遺伝子があり
サバイバルできる企業だけが残るのが
資本主義のルールです。

よって市場全体に投資する
インデックスファンドへの投資が有効である
というのは定説です。

しかし株式市場自体が
サブプライム爆弾で機能不全に陥っているのであれば
異なる視点が必要かもしれません。

とにかく株式市場に限らず
生き残る=将来の大きなチャンスを掴むことになる
ということでしょう。
スポンサーサイト

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

コメントを書く


※非公開コメント投稿不可

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。