スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

市場は日替わり躁鬱状態

2009.01.15 06:36  未分類

14日発表された2008年12月の米国小売売上高は-2.7%となり、
2008年通年でも0.1%減少となりました。
消費が毎年伸びてきた米国社会では、2002年のITバブル崩壊時
でも小売売上高は+2.4%でした。

上記発表を受けて、NYダウは8200.14ドル(-248.42)
6日続落で年初から約500ドル近く下げたことになります。

また金融不安が再燃する兆しが、実体経済の悪化に拍車をかけています。
世界の総合金融の雄シティグループの切り売りが始まりました。

「利下げの連続と世界的な財政出動」と「オバマ政権への期待」
との綱引き状態が続いています。
マーケットの躁鬱状態は周期的に繰り返されています。
スポンサーサイト

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

コメントを書く


※非公開コメント投稿不可

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。