スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

米国雇用統計発表

2009.01.13 08:50  未分類

9日米労働省が発表した先月12月の雇用者数は
前月に比べて52万4000人減少しました。

2008年通年では258万人の減少です。

2004年  年間 +208万人
2005年  年間 +253万人
2006年  年間 +209万人
2007年  年間 +109万人
2008年  年間 -258万人

人口が増加している米国において
この数字は、社会不安に直結するレベルです。

EUでも2008年は、100万人超の人が失職しました。

「医療・年金・雇用」等
 先進国共通の社会問題が、一気に噴き出してきました。

先進国に生きる人間は
未来の豊かさを自らが掴むという気概が必要です。
国や企業に、大きな期待は難しそうです。
スポンサーサイト

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

コメントを書く


※非公開コメント投稿不可

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。