スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

英国0.5%利下げ

2009.01.09 08:23  未分類

8日イングランド銀行は政策金利を2%→1.5%に引き下げました。
英国中央銀行の創設は1694年ですが、
政策金利が1%台まで低下したのは始めてのことです。

15日には欧州中央銀行(ECB)の定例理事会が開かれ
現行の2.5%からどうなるかが注目されています。

米国はすでにゼロ金利、日本は0.1%、
英国も既にゼロ金利を視野に入れています

先進主要国の金利が、ほぼゼロになる時に
例えば先進国の公的年金や企業年金の運用はどうなるのでしょうか?

財政悪化で国債価格が下がる(長期金利は上昇)リスクを承知で
まだそこにある金利で運用するのか?それとも株式に資金が流れるのか?

国際的なお金の流れに注目です。
スポンサーサイト

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

コメントを書く


※非公開コメント投稿不可

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。