スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

2007年GDPランキング

2008.12.26 18:28  未分類

昨日、内閣府は2007年世界の
「1人当たりGDPランキング」を発表しました。
1人当たりGDPは、国民の豊かさランキングです。

2007年日本の順位は19位(前年18位)でした。
1人当たりGDPは34,326ドルです。
国際比較ではすべてドルベース換算になりますので
為替の影響が大きくなるのが特徴です。
2007年末(1ドル約113円)円ベースで約400万円くらいです。

ちなみにGDPとは国内総生産ですが、
簡単に言うと1年間の経済付加価値の合計です。
パン屋さんが小麦を50円で仕入れて
100円でパンを販売すると50円の付加価値を
生み出したことになります。よってGDPは50円です。

2007年の日本では1人当たり400万円の
付加価値を生み出したということです。
さてその付加価値はその後どのように使われるか?

家計には給与として配分され、消費されます。
企業に残った資金は設備投資の資金になり
政府は付加価値から税金を取って公共事業を行います。
それら合計金額が増えていくことが
経済学的には豊かになるということになります。

2007年ランキングを見てみると上位にはユーロ高を背景に
欧州勢が占めています。2008年金融危機で国家の存亡さえ
危ぶまれるアイスランドが3位にランクしています。

驕れるものは久しからず、光陰矢のごとし。
2008年は円高で、日本のランキングは大幅上昇します。

真の豊かさはGDPランキングでは測れないのかもしれませんね。
スポンサーサイト

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

コメントを書く


※非公開コメント投稿不可

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。