スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

金利なき世界

2008.12.19 09:15  未分類

米国の政策金利がゼロ金利に突入に突入しましたが、
欧州ではスイスがゼロ金利の世界に突入しています。
日本もいずれゼロ金利に戻っていくでしょう。

未曽有の世界同時不況で、
世界各国でゼロ金利状態が生まれようとしています。
次は英国あたりがいきそうな感じです。

政策金利は、中央銀行が短期金融市場(主に銀行間の貸し借り)
の基準金利の誘導目標ですから
預金金利や住宅ローンの金利がゼロになるわけではありません。
しかしそれらの金利も極めて低くなります。

しかし物価が低下するデフレ状態になれば
ゼロ金利でも実質プラスになります。
そうなるとお金が投資活動に回らないので、
さらに経済は停滞します。

逆に物価がそれほど下がらなければ
預貯金や現金の価値は時間とともに劣化していくことになります。

ゼロ金利の世界の中で「収入・消費・貯蓄・投資・借入れ」
のバランスをどのようにとっていくのか?

ゼロ金利下のマネー戦略が必要です。

スポンサーサイト

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

コメントを書く


※非公開コメント投稿不可

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。