スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

ファイナンシャルアドバイザーという仕事

2010.01.06 15:12  未分類

日本証券アナリスト協会の特別講演で
名著「敗者のゲーム」の著者チャールズ・エリス氏の話を聞きました。

彼は米国の運用会社「バンガード投信」の社外取締役であると同時に
エール大学財団の投資委員会委員長を歴任してきた方です。

エール大学の運用パフォーマンスの凄さは日本でも有名ですが
リーマンショックが起きた2008年もプラス5%の運用成績をあげています。
ちなみに同時期ハーバード大学はマイナス30%程度の損失であったことからも
資金運用の上手さが際立っています。

運用パフォーマンスの良さの秘訣としてエリス氏は
「友情の重要性」を挙げていました。

エール財団で働きたいと考える運用スタッフのほとんどが
エールに対して全てのアイディアを提供したいと思う友情を持っているというのです。

翻って私の仕事も同様のスタンスが必要だと感じました。
確かにお客様に広い意味での友情を感じないのであれば
継続的にいい仕事はできないと思います。

真のファイナンシャル・アドバイザーは
目先の商業主義や小手先のテクニックでない
本当のプロとしての規律を持たなくてはなりません。

決して簡単に達成できるものではないし、
自分自身それほど強い人間であると思ったことはありませんが
年頭にあたってそうありたいと決意した次第です。

スポンサーサイト

| - | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

割増退職金

2009.12.10 09:58  未分類

今月1日、三越で35歳以上を対象に
早期希望退職を応募したところ正社員の4分の1に当たる
約1500人が応募したようだ。
この数字は会社側予想の1.5倍の数字にのぼる。

通常の退職金に加え割増退職金が支払われるとはいえ
次の職がそう簡単には見つからない中である種驚きである。

日本航空の問題が影響を及ぼしている気がする。
将来退職金など貰えないかもしれないという不安が
多くの社員を退職という方向に導いたのだろう。

日本の企業と個人との信頼関係は、
もうどうしようもないくらい崩壊してしまったような気がする。

| - | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

有料老人ホームにおけるトラブル

2009.12.07 18:00  未分類

12月5日の日本経済新聞の社会面に
「有料老人ホーム、トラブル相次ぐ」という記事が掲載されていた。

2009年度に消費生活センターに寄せられた苦情や相談の件数は
これまで200件を超え、今のところ過去最多ペースだそうだ。

トラブル相次ぐという割に200件という数字は
何か少ないような気もするのだが・・・

ともあれ老人ホーム入居後、
病院に入院する等の理由で退去しなくてはならない時に
保証金が返金されなかったり
経営会社が変わり、突然値上げしたりと
様々なケースがあるようだ。

トラブルの大半はお金がらみの事だと推察される。

厚生労働省によると、全国の有料老人ホームは
2009年4月末時点で4245施設あり、5年前の4倍に達するそうだ。
その中に老人からお金をまきあげる悪徳業者が少なからず
存在するのだろう。

早い段階から老後のイメージを持って
戦略的に準備しておかなければならないと
悪徳業者に騙される可能性も否定できない。

悲しいことだが、それが現実だ。


| - | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

新衰退国

2009.11.19 11:44  未分類

新衰退国
最近、日本は世界からそう言われているようだ。

景気悪化で税収が落ち込む中、
今後急速な高齢化の進展で
稼ぐ人の数が急速に落ち込むのも確実だから
景気が回復しても安定的な税収確保は難しいだろう。

国の借金はGDPの200%にもなり
すでに臨界点達しているのか、
そうでないのかはわからないが
いつまでも金融機関に国債を購入させるのも限界がある。

20世紀初頭に衰退したアルゼンチン
21世紀初頭に衰退した日本

後世の歴史でこう語られるリスクが高まっている。

今こそ国や会社に頼るのでなく
自分の人生戦略を考え行動すべき時期だと思う。

鳩山政権を見ていると本当にそう思う。



| - | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

資源価格再上昇

2009.11.05 09:27  未分類

農作物や資源の動きが再度上昇局面に入っており
その影響が出始めている。

先月、景気回復が顕著になっている
オーストラリアやノルウェーなどの資源国で、
金融危機後初の利上げが実施された。

11月に入ってオーストラリア中央銀行は
さらに2ヶ月連続の利上げを実施。

インドでは食糧不足によるインフレ懸念

原油価格が80ドルを超えたことによるロシア経済の復活見通し

金価格が最高値更新

先進国の景気が回復しない間に資源価格が高騰する
新しい世界経済モデルがここにあります。



| - | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。